女性の冷え症の原因の一つに、筋肉量不足があげられます。しかし、女性は元々筋肉がつきにくいという人も多いので、継続した運動が必要になります。

それと同時に食事面も見直さなければなりません。筋肉量を増やす運動で体に負担がかからないのが、全身を使った有酸素運動であるウォーキングです。

酸素を取り込みながら体を動かすことで、継続した動作を行う時に使用される筋肉の量を増やすことができます。運動不足であっても、体力に自信のない人でも取り入れやすい方法ですので、まずは短い距離から試していくことが大切です。

運動を行いながら、食べ物にも気を配る必要があります。筋肉量を増やすには良質なタンパク質が必要です。例えば、お肉なら鶏のささみなどが効果的です。

女性は食べる量が少ないケースも多いので、慢性的に栄養不足に陥っていることもありますが、摂取量が落ちると筋肉を作り出す働きも弱まりますので、適正な範囲で食事を摂るように心がけなければなりません。

運動と食事の両面から対策を行うことによって、短い期間でも効率の良い対策が行えます。

このような対策は1週間や2週間程度行っただけでは意味がありませんので、数カ月単位で様子を見守っていきます。

p1

増やすと理想の体型になれる

理想の体型を目指してダイエットに挑戦しても、自分の思った通りに痩せることができなかったり、元の食事量に戻すとすぐにリバウンドしてしまった、という経験をされたことがある女性は意外と多いものです。

ダイエットの方法のひとつとして食事制限がありますが、食事制限のみのダイエットは危険です。人間が生きていくために必要な栄養素が不足するので、痩せてもやつれたように見えますし、健康を阻害してしまうことも考えられます。

一見、痩せたように見えても脂肪ではなく筋肉量が落ちてしまうので、すぐにリバウンドをして、なかなか痩せられない体質に変わってしまいます。

やはり、女性が健康的かつ綺麗に痩せるためには、運動を取り入れて筋肉量を増やすことが必要です。筋肉量を増やすことで消費カロリーのアップにもつながりますし、新陳代謝も高まるので食べても太りにくい体質へと導いてくれます。

女性が簡単に筋肉量を増やす方法として挙げられるのは、ウォーキングやジョギング、それに加えて筋トレを取り入れることで理想の体型に近づくことが可能です。

しかし1日や2日で目に見えて変化が起こったり、すぐに効果が出るというものでもないので、理想の体型を手に入れるには継続することが大切です。

p2

デスクワークの女性は筋肉量が平均未満?

端的に言って、普段から机で仕事をなさっている女性の方は、世間一般の平均値よりも筋肉量が低めです。

個人差はある程度ありますが、ほぼ軒並み事務職で働いている女性は筋肉量が少ないため、姿勢が悪くなりがちです。特に太っているわけではないのに、お腹が妙にぽっこり出ている女性がいますが、その原因は筋肉量の低下にあります。

腹筋と背筋の筋肉量が平均よりも低いと、いわゆる身体のコアが正しく維持出来ず、姿勢が悪くなり、お腹がぽっこり出てしまいます。

また、デスクワークに従事している事も手伝って猫背になり、身長や体重が平均的でも、数値以上に実際はスタイルが悪い女性に周囲から見られてしまいます。

またお腹がぽっこり出てしまうと、タイトなスキニージーンズや、トレンディなワンピースやスリムシルエットのブラウス等が着こなせません。

女性に過度な筋トレは不要ですが、スタイルを良くしたいと考えている方には適度なトレーニングが要ります。ヨガや自宅で出来る筋トレ、ジョギングなどをスタートさせましょう。

身近なところから始めるだけでも、平均的な筋肉量であれば手に入ります。

特に元々部活動を頑張っていた方であれば、基本的な身体の動かし方を理解しているため、後は暇を見つけて実践あるのみです。

p3

筋肉量を増やすために

筋肉量を増やすことで、色々なメリットがあることがわかってきました。

でも、マッチョではない人も多い現実を見ていると、女性で筋肉量を増やすということも簡単ではないということもあり得ます。

まずは知識を得ましょう。筋肉サプリというものを知っていますか?知らなければこちらのサイトを見てみてください。